食卓を、空間を、自由にアレンジできる白の器。
陶芸作家 深澤彰文は、白さの深み、多彩な手触り、人に寄り添うフォルムに、
こだわり続けています。伊豆の工房で、ひとつひとつ手造りされる作品は、
ある時は静かに、ある時は饒舌に、旅人のこころに語りかけます。